伊豆・総合建築・不動産 

伊東で建設会社をやってる営業マンの独り言です。分譲地の情報や別荘永住向きの住宅に関し、住宅ローンや建物現場見学会の情報などを徒然なるままに書きつづって行こうと思っています。

■ ナイスホームご案内


注文住宅を提供する自社ブランド「ナイスホーム
快適な住まいをローコストで実現します

■ カテゴリ展開メニュー

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 三和建設株式会社

三和建設

Author:三和建設
住宅にまつわることがらや、イベントの紹介をさせて頂いております。

■ 月別アーカイブ


▲NOW

■ ユーザータグ

■ タグクラウドV1.2a

■ 検索フォーム

■ RSSリンク

■ QRコード

QRコード

■ ■


■ ページナビ

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
住まいのお手入れ教室開催しました。
2月22日に弊社モデルハウスで『住まいのお手入れ教室』をモデルハウスのある
分譲地の奥様達を対象に開催させていただきました。
今回は会場が弊社のモデルハウスということで、駐車場等の関係から
歩いて来れる方を対象にさせて頂いたもので、分譲地の方だけに声をかけさせて頂きました。
ただ、当日は我々の情報不足で、学校の参観日になっていたようで皆様なかなか都合が
つかずにご迷惑をかけてしまいましたが、それでも午前・午後の2回に分けて、
それぞれ6名づつのご出席を頂きました。
今考えると、実はこのくらいの人数でないと、なかなか充実したセミナーにならないかもしれない
と、更に反省しており逆に、もっと人数が集まってしまったらどうなっていたか・・・・
次回開催も予定しておりますが、更に準備等しっかりしないとと思っております。。

セミナー1


セミナー2


今回は、講師に弊社でお世話になっているハウスクリーニング業者の社長さんに来て頂き
プロが使う道具や用品ではなく、どこにでもあるホームセンター等でそろえることが出来る
ものを使って、奥さん達に出来るメンテナンス方法などをレクチャーしていただきました。

セミナー3


フローリングの傷やへこみの補修方法や、隙間が出来た時の簡単に出来る補修
またガラスの掃除方法(結構裏ワザと言えるかもしれないものまで)などを教えてもらい
開催した我々も『へぇ~』と唸る場面もありました。

セミナー4


セミナー5


セミナー6


床(フローリング)の補修などは、実際に奥さん達にも実際に修理を体験して頂いたりしました
ので、皆さんかなり真剣に聴いて頂き、我々もやって良かったなぁと思っております。。

セミナー7


最後にキッチン回りの手入れ方法や換気扇の清掃について講習してもらいまして、今回は
まず一回目と言うことで終了しました。

セミナー9


セミナー8


午後も同じような感じで行いまして、午前・午後ともに出席された方には概ね好評だったんじゃないかと
思いますので、また次回は更に充実したもので開催したいと思います。
ただ・・・・出席者が増えてきた場合の対応もちゃんと考えないと、皆さんに迷惑がかかって
しまうので、部内でも打ち合わせを重ねて良い企画を考えないと・・・
スポンサーサイト
住宅ローン減税
昨年から、住民税が高くなり所得税が少しだけですけど
減額されたことに伴って、人によっては年末調整だけでは
ローン減税が全額戻ってこない場合が出てきてます。
これは、申告をすれば住民税から補填(表現が正しいかあやしいですが)
されるんですけど・・・
案外知らない人が多いです。

本日の読売新聞に良い記事がありましたので紹介させていただきます。
(勝手に記事流用して良いのか分からないので、問題あれば削除しますが)

平成20年2月16日読売新聞朝刊12版より

住宅ローン控除住民税からも
住宅ローン控除の仕組みが、今年の申告分から変更された。
損をしないために、市区町村へ申告が必要な場合があり、注意がいる。
勤務先の年末調整で控除を受けている人は、源泉徴収票などを確認した上で
1月1日現在居住の市区町村へ、申告書を提出する。
対象は1999年1月1日から2006年12月31日までに入居している人。
申告の締め切りは3月17日。
国から地方への税源移譲で所得税が減額され、住民税が増額された。
所得税の住宅ローン控除を受けていた人の中には、所得税を住宅ローン控除可能額が
上回り、控除しきれない額が生じる場合がある。
この対策として、市区町村へ申告すれば、住民税からも控除出来るようになった。
勤務先の年末調整で住宅ローン控除を受けている人は、源泉徴収票を確認する。
『摘要』と書かれた欄に、「住宅借入金等特別控除可能額」と金額が記されていれば
住民税からも控除される可能性がある。
記載がなければ、所得税で、控除しきっていることになる。
申告は毎年必要。

抜粋ですが、こういうことになっております。
返してもらえる税金があるのであれば、返してもらわないのはもったいないですから
是非、注意しておくと良いと思いますが・・・・

毎年申告をしないといけないのも大変ですけど
もっと、周知徹底する方法はないのでしょうか・・・
これしないで、もらい忘れが出るケースがたくさん出てくるんじゃないでしょうか
公共の施設やすでに実施されているものの中に
これは良いなぁって思うものがたくさんあるんですけど
我々市民レベルで、それがある事を知らないってケースがいっぱいあるように思います。
税金使って、良いものを作ってるんだから
もっと利用してもらう方法を考えられないものかなぁ・・・と少々不満があったり・・

copyright 2005-2007 伊豆・総合建築・不動産  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。