伊豆・総合建築・不動産 

伊東で建設会社をやってる営業マンの独り言です。分譲地の情報や別荘永住向きの住宅に関し、住宅ローンや建物現場見学会の情報などを徒然なるままに書きつづって行こうと思っています。

■ ナイスホームご案内


注文住宅を提供する自社ブランド「ナイスホーム
快適な住まいをローコストで実現します

■ カテゴリ展開メニュー

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 三和建設株式会社

三和建設

Author:三和建設
住宅にまつわることがらや、イベントの紹介をさせて頂いております。

■ 月別アーカイブ


▲NOW

■ ユーザータグ

■ タグクラウドV1.2a

■ 検索フォーム

■ RSSリンク

■ QRコード

QRコード

■ ■


■ ページナビ

【月別アーカイブ】

 2010年03月 

benri-navi by myhurt

2010年税制改正
昨年からスタートした大型ローン減税は今年も同規模で実施されます。
ローン残高に対して、一般住宅なら毎年1%ずつ10年間で最大500万円が
所得税・住民税から控除されます。
今年はこのローン減税に加えて、税制改正の目玉として
『住宅取得資金に係る贈与税の非課税枠の拡大』がスタートしました。
また、そのほか固定資産税の減額等昨年までの減税措置が軒並み延長される
ことになりました。
来年は一般住宅の控除対象限度額が減額になり、最大控除額が400万円となり
その後は毎年減税額が下がっていきます。
今年がお客様にとってはもっもと有利に住宅を持つことが出来る
ラストイヤーとなりそうです。。。。

と一般的な話として言われております。
21年度の住宅着工は80万戸割れという予測がでるなど
住宅市場はあきらかに停滞しています。

こんな中での国の景気対策として、住宅購入者への支援を拡大しているわけです。
理由はどうであれ、購入者にとっての有利に住宅を持つことが出来る・・は
間違いない話かなぁって思います。

簡単に国が行う支援を紹介しますと
a住宅ローン減税・・・・最大控除額が長期優良住宅は600万円、一般住宅で500万円
b太陽光発電支援・・・・1Kwあたり7万円の補助+太陽光発電買取制度(1Kwあたり48円)
cエコポイント・・・・・エコ住宅の新築30万ポイント・エコリフォーム最大30万ポイント
dフラット35S・・・・当初10年間の金利引き下げ1%
e贈与税・・・・・・・・非課税枠が1500万円に拡大
f減税・・・・・・・・・固定資産税の減税等、既存の住宅減税が軒並み延長
など。。

国の支援だけでなく、現在住宅ローンに関しても
ほとんどの金融機関は金利を下げてきております。
また、下げるだけではなく、中長期に渡る軽減策など
いままでよりも、有利に住宅ローンが組める状況です。
景気が悪い時は、なかなか住宅意欲は沸かないものですけど
景気が悪い時こそ、得する状況だったりしてます。

スポンサーサイト

copyright 2005-2007 伊豆・総合建築・不動産  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記